ブラウザの種類はいくつかありますが、ブラウザによって機能は様々です。

初心者でも知っておきたいHPに必要なこと

使っているブラウザの種類

ブラウザの種類はどれくらいあるのかネットで検索をしてみました。
自分の知らないブラウザがたくさんあることがわかり、種類は、明らかに100以上はあるようですが、代表的なものをあげるとIE(InternetExplorer)、Fire Fox、safari、Google Chrome、operaなどがあるようです。
最も使用人口の多いブラウザは、IEです。
マイクロソフト社が開発し、日本人の役8割がIEを利用しているようです。
これは日本国内で買うウィンドウズが搭載されているパソコンの中にすでにインストールされているためです。
日本人にとっては一番なじみやすく使いやすいブラウザです。
Fire Foxは、2番目にシェアが多いブラウザです。
セキュリティ機能もしっかり搭載されており、WEBクリエイターも好んで使用しています。
safariは、アップル社が、開発したブラウザで、ウィンドウズ版も公開されています。
またiPhoneを使用している人は拝見したことのあるおなじみのブラウザです。
iPadやiPod touchでも有名です。
Google Chromeは名前の通り、Googleが開発したブラウザで使いやすさから使用人口が増加しています。
読み込みの速さが非常に速いため、なんでも素早く調べることが可能です。
Operaは、ノルウェーで開発されたブラウザでゲーム機や電話などに使われています。
幅広くパソコンで使用されています。
ブラウザは常に最新版をインストールすることが大事です。
それは古いバージョンのパソコンに新ウィルスが入り込みやすくすぐに感染してしまうからです。
今では自動にインストールされるようにセッティングできるため、忘れることも少なくなってきました。

Copyright (C)2017初心者でも知っておきたいHPに必要なこと.All rights reserved.