基本のプログラミングはhtmlとCssです。基本をしっかり習得してから本格的にプログラムを覚えます。

初心者でも知っておきたいHPに必要なこと

プログラミングという仕事

プログラミングするというのは、プログラム言語をパソコンに打ち込みコンピューターにそれを解読させ、ブラウザに表示させることです。
プログラミングする人の事をプログラマーといいます。
ホームページを作成するための基本のプログラム言語の中で一番簡単だと言われているのがhtmlとCssです。
これは、プログラムの学習を始めるときの玄関口の言語です。
このプログラムを知らなければ他のプログラム学習がかなり困難になると言えます。
つまり、全てのプログラムを学習するためのベースになるプログラムです。
Htmlにブラウザで表示させたい文章や画像ファイルなどを記述しCssファイルで位置や余白を設定し、装飾していきます。
ファイルに必要なプログラム言語を記述することをコーディングすると言います。
コーディングを行った後にテキスト文章や画像ファイルを記述することをマークアップするといいます。
プログラミングは、記述ミスをするとブラウザに何らかの不具合を表示させます。
これをバグと言います。
このバグが出た場合はすぐに記述ミスを修正し、正常に表示させることが大事です。
記述ミスの多いサイトは検索エンジンの上位に引っかかりにくくなると言われているため、サイトを作成するときは、チェックをしっかり行います。
プログラムはhtmlやcssの他に、JavaScript、PHPなどがあります。
JavaScriptはブラウザの画面に動きを付け足したり、マウスを載せたときに何か反応させたいときに使用するプログラム言語です。
PHPは、WEBアプリケーションなどを作成するためのプログラムです。

Copyright (C)2017初心者でも知っておきたいHPに必要なこと.All rights reserved.