クリエイターになるためのスキルとお仕事の簡単な流れを説明します。スキルは高いものが要求されますか。

初心者でも知っておきたいHPに必要なこと

クリエイターのお仕事

クリエイターとは、WEBページを作成する人の事です。
また見栄えの面を考える人の事をデザイナーといいます。
クリエイターはコンテンツに欠かせないライティングも受け持ちます。
それぞれを専門で受け持ちますが、両方を受け持つ人も数多くいらっしゃいます。
クリエイターになるためには、基本的なプログラム言語の習得はもちろんの事、企画力、構成力、コミュニケーション力のスキルが必要です。
実力が身に付いてくるとフリーランスとして在宅でのお仕事も可能になります。
簡単にお仕事の流れをお話しします。
クライアントから依頼を受け、どんなサイトにしたいのかどんな人がターゲットになるのか話し合います。
その後、作業に取り掛かります。
初めに、サイト全体のイメージをフォトショップのソフトを使用し大まかに作成します。
ページごとのレイアウトを考え、画像の位置、文章はどこに入るのかなど決めていきます。
次にサイトに使うイメージの色を決め配色を考えます。
好きな色を使うのではなくサイトのイメージに合った色を使います。
次にWEBページに使用するヘッダー、メニュー、見出しなどのデザインを考えます。
最終的なデザインをフォトショップで作成したら、Htmlファイルにコーディングをし、テンプレートを作成していきます。
テンプレートが出来上がりましたら、画像ファイルやテキストを挿入し、ブラウザで確認をします。
画面に崩れているところがないかを確認し、あれば修正をします。
また表示に崩れがなくても、記述ミスをしていることはあるので、プログラムの文法チェックを施し出来上がりです。

Copyright (C)2017初心者でも知っておきたいHPに必要なこと.All rights reserved.